知っててよかった 知っててよかった

子どもが病気になったら。その4

病児保育についてご紹介します。

北九州市では、9か所(2011年9月現在)にあります。
小児科併設のお部屋で保育してくれます。

定員4名と少ないので、冬など風邪の季節には満員になることも多く、早めに予約する必要があります。看護師や保育士さんが2名で保育してくださるので、安心して預けられます。

最初、子どもは、体調も悪いし、慣れないところに連れていかれるしで泣いたりするのですが、やさしいスタッフに手厚く保育されるので、帰るころには、「ここがいい!」とお気に入りになる子も多いようです。

利用料は1日2000円(免除制度もあり)と決して安くはありませんが、どうしても仕事を休めない時の強力なサポートであることは間違いありません。
お弁当やおむつなど必要なものは原則持参です。なお、事前に登録しておくと手続きがスムーズなので、利用する予定の方は、早めに小児科の窓口で登録しておきましょう。

小児科によって、保育時間や診察のタイミングなど異なります。
当日の朝、保育時間前に診察のところ、保育時間内に診察のところ、前日に診察して病児保育を予約していれば、朝、さっとあずけられるところなど様々です。

勤務時間や自宅からの距離、保育時間、通院のしやすさ、先生との相性など勘案してかかりつけを見つけておくといいですね。病児保育を利用することが前提ならば、日ごろから同じ小児科を受診しておくと、カルテも残ってより安心です。

小児科の一覧は、下記ページでご覧ください。
北九州市病児保育小児科一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/48

オヤトコ
ページの上へ