パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

話題のパワースポットでワンランク上の外遊びに挑戦する~川棚のクスの森

こんばんは、森むつみです。

1408_01.jpg
<まさに天と地をつなぐ「森」>

天を覆うほどに枝を広げたその巨木は、下関市豊浦町にある国指定天然記念物「川棚のクスの森」。
一本だけどクスの「森」。遠目には森に見えるほど雄大に生い茂っているためです。
推定樹齢は1000年以上。高さ27㍍、幹周り11.2㍍に達し、枝は東西南北50㍍以上に伸びています。

1408_03.jpg

<これで一本て。右下に白トビしていますが石の祠が見えます>

クスの森は国指定のクスノキの中では特別大きなものではありません。
しかし「森」という異名の由来となった枝ぶりが特異で素晴らしい。
幹の途中から18本もの枝が四方に別れて伸び、最長27㍍にも及びます。
「飛び枝」と呼ばれる2本の幹は、垂れ下がった枝が土中で発芽して再生したもの。

1408_04.jpg 
<間近だと視界に収まりません。右下の木陰に句碑が見えます>

根元の石の祠には、約500年前、ここに埋葬されたという戦国武将の愛馬を「霊馬神(れいばしん)」として祀っています。ゆえにこの地は「霊馬の森」とも呼ばれ、毎年3月28日には慰霊祭が行われています。

川棚温泉を愛した漂白の俳人・種田山頭火はクスの森で3つの句を残したそうです。
木のそばに句碑があります。

句碑は「クスの森を守る会」によって建設されました。
同会は1978年に発足し、当時荒れ果てていたこの地を整備し、木の健康を見守り、周辺の清掃を行ってきました。
近年では他団体によりボランティアガイドや野菜果物の販売などが行われ、2013年春には駐車場や芝生広場が整備されました。今注目のパワースポットです。

1408_02.jpg
<看板をじっくり読むと、観光スポットの味わいを増してくれます>

クスの森情報を列挙したのには理由があります。
親は子のお手本です。親が愉しむものは子どもも好きになる。テレビも外遊びも。
そして、親=大人は「情報」が多いほどより面白がれる力があります。

今年のサッカーワールドカップで、僕たちは日本代表の試合に熱狂しました。
選手やチームについて詳しく知っていたからです。
正しい情報に基づく知識は感動を増幅します。

遊びに行く前に下調べしとくとより楽しいよ、というお話でした。
現場で観光パンフレットを読むのも可。


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)


関連記事
小躍りと深呼吸がしたくなる公園~リフレッシュパーク豊浦


■川棚のクスの森
住所:山口県下関市豊浦町川棚下小野
電話:083-772-4001 (下関市豊浦総合支所 地域政策課)
WEB:http://www.toyoura.net/charm/nature/kusu/index.html (豊浦町観光協会)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/308

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ