パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

寒いから行きたい! 常夏の外遊びスポット~グリーンパーク

寒い時期こそグリーンパーク(若松区)ダ! むつみです。
4ヘクタールの大芝生広場の向こうにそびえる建物、あれが希望の温室「熱帯生態館」です。

1311_01.jpg
<常夏の楽園、それが熱帯生態館だ>
中に入ると色鮮やかな草木や花が生い茂り、鳥・蝶・トカゲ・亀・魚など約44種類・約1200匹の熱帯の生き物が生息しています。
1311_02.jpg

<館内には約500匹の前翅長:7cm、開長:13cmが舞い踊り>

まず目に付くのは、ふわふわと頼りなさ気に飛ぶ姿が特徴の日本最大級の蝶・オオゴマダラです。
人にも近づく無警戒な蝶ですが、幼虫時から体内に有している毒のため、館内の鳥に捕食されることはありません(笑)

1311_03.jpg
<館内にはたくさんの生き物が放し飼いされています。橋の上から見える滝は裏へ回れます>

当施設は実際に歩くと「思ったより広い」と感じるでしょう。

屋内なのに小川や滝があったり、その滝を裏側から見ることができる洞窟があったりします。橋の架かる大きな池が実は巨大な水槽で、横から魚を観察できたりもします。
通路はカーブや立体交差を組み合わせて距離を伸ばし、通路同士は草木で隠され奥行きを感じる構造となっています。

館内には、水槽や亀など定位置で展示する動物のほか、オオハシ(鳥)の仲間やウォータードラゴン(全長約90cmのトカゲ)など自由に動き回っている動物もいます。

オススメの遊び方は生き物探し。入館前に館内の生き物の種類を確認しましょう。
目的があれば面白さは10倍増しです。五感を研ぎ澄ませてどうぞ。
すべて見つかるまで何度でも挑戦しよう。外寒いし(笑)

1311_04.jpg
<冗談は温室群外観と第3温室、下庵は第2温室と黄金色に輝くオオゴマダラのサナギと羽化の様子>

熱帯生態館の隣にあるのは第2温室と第3温室。見落としがちですがコチラもオススメ。
特に第2は見た目の面白いサボテンのほか、オオゴマダラがサナギから羽化する姿を見ることができます。第3は熱帯果樹を中心にハイビスカスやブーゲンビリアが咲き乱れています。綺麗。

バラ園はこの温室群の目の前。秋から冬にかけて320種類・約2500株のバラが種類ごとに見頃を迎えます。
せっかくなので立ち寄りたい。子どもが退屈と言う? 興味が無くても幼少期に本物とふれあう機会を用意する。これも立派な教育です(笑)


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)

■響灘緑地グリーンパーク
住所:福岡県北九州市若松区大字竹並1006番地
電話:093-741-5545
URL:http://www.kpfmmf.jp/green/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/275

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ