パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

国内最小機関車、最短路線、最低速度。でも最高!~門司港トロッコ列車

遊園地で子どもと汽車に乗るの好き、むつみです。
だけど、小さなコースを周回するだけでは物足りないときもある。

遊具じゃなく本物で、でも単なる「旅客」じゃなくて、遊園地の遊び心も忘れない列車はないか。ありました。

1205_01.jpg

門司港レトロ観光列車「潮風号」。
旅客と遊具、両方の楽しさを併せ持つハイブリッド列車です。

「九州鉄道記念館駅」、「出光美術館駅」、「ノーフォーク広場駅」、「関門海峡めかり駅」と、門司港の観光スポットを結ぶ本物の鉄道路線。2009年に開業し、毎年3月から11月まで定期運行しています。

1205_02.jpg

小さくて可愛いトロッコ列車の座席はすべてテーブル付き。飲み物など持ち込むと、優雅な気分に浸れます。
カメラを持参すれば、いい笑顔の乗務員さん達が記念写真を撮ってくれます。
途中の真っ暗なトンネルの中では、車内天井の絵が幻想的に光ります。
始発から終点までは約15分間。日本一短い路線です。でもサービス満載。なにより本物の旅が味わえる。

車窓は海側が素敵なのはもちろん、個人的には山側が侮り難し。
通り過ぎる町並み、生活する人々、季節によって様相を変える草花。山側の車窓は、ゆっくり速度なのに景色が変化に富む。子ども楽しそう。

1205_03.jpg

子連れの僕たちにイチオシ駅は関門海峡めかり駅。
大きなタコの滑り台、芝生広場、古い列車を利用したカフェ、無料駐車場など、楽し便利スポットが満載です。
ランチは駅隣の「潮風市場」へ。自分で具材を自由に選べる海鮮丼が面白い。ここでは野菜販売、アンティーク販売、プラレール広場などもやっています。営業は潮風号の定期運行日に限るそう。ご注意を。

1205_04.jpg

トロッコ列車を満喫するなら、2012年から新発売の「1日フリー乗車券」を利用したい。
途中下車など、気まぐれ遊び自由自在。
フリー乗車券は季節に応じて絵柄が変わる。全3種。すべて集めたら特典あり。

5月からは毎月第3日曜日に潮風号vsゆるキャラのリレー対決も行われます。
行かない理由が見つからない(笑)


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)

■平成筑豊鉄道(株) 門司港事業所
住所::北九州市門司区西海岸1丁目7番1号
TEL:093-331-1065
URL:http://www.retro-line.net/
 




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/200

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ