パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

待望の新スポットに行ってみよう!~到津の森公園

ひらけ!むつみです。

この春、到津の森公園に新ゾーン「マダガスカルの世界」がオープンしました。

1105_01.jpg

新獣舎の住人はワオキツネザルとエリマキキツネザル。

獣舎の高さは10メートル! 2階(高さ6メートル)からも動物たちを見ることができます。


1105_02.jpg

2階への階段は幼児でもラクラクの段差です。手すりの位置も配慮が行き届きありがたい。

ちなみにエレベーターもアリ。

上ったらまず風景を楽しもう。向こうに見えるやぐらにはチンパンジーがゴロリ。

 

そして、お待たせ獣舎内へ!

ワオ&エリマキキツネザルは、ともに樹上生活に適応した動物です。

上へ下へ、縦横無尽に跳び回る彼らの運動能力を堪能してください。

 

なかでも虫を追いかけ捕らえる彼らの姿は必見です。獲物を狙うときは迫力が違います。

じっくりそのときを待ってみましょう。

 

動物園を楽しむコツは急がないこと。特に子どもを急かすのは控えたい。

さっき見たけどまた見たい。足下のアリンコの行列を追いかけよう。どうぞ子どものお気に召すまま。

到津の森には「順路」案内がない。だからどうぞお気に召すまま。


1105_03.jpg

ゆったりと園内を廻れば、きっと新しい発見があります。

トラのドラゴンはいつも獣舎の奧にいて見えにくい。でも実はその奧へ通じる道がある。(写真左上)

ゾウにエサをやると、いつもサリーが先に来て、左頬にコブのあるランは後。鼻の使い方だって二頭は違う。(同右上)

ビオトープは今年もたくさんのオタマジャクシを育み(同左下)、森の音楽堂近くの「冒険広場」はリニューアルしていました。(同右下)


1105_04.jpg

せっかくなので「冒険広場」の新遊具で遊ぼう。

オススメの遊び方は、子どもと同じ行動をすること。

階段を上るのも、ロープを渡るのも、滑り台を滑るのも一緒にしよう。

すると、「こんなスゴイことしてたのか」、わが子の意外な身体能力の高さや成長を実感できて、ちょっと感動したりします。

動物園という外遊び、3時間じゃ足りないのでご注意ください(笑)


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)

 

■到津の森公園

  〒803-0845
  北九州市小倉北区上到津4丁目1−8
  TEL093-651-1895
  URLhttp://www.kpfmmf.jp/zoo/ 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/134

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ