パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

寒いのが苦手な人の外遊び~門司港レトロ

イヌ好きだけど冬はネコ派、こたつ大好きむつみです。

まだまだ寒いこの頃ですが、子どもたちは家で大人しくなんてしてくれない。親としては夜までに子どもたちのガス抜きをしたい。でも外は凍えるし・・・(親が)
そういうときは門司港レトロへ行きましょう。

ただいま、冬の門司港恒例イベント「ふぐと灯りとひなまつり」が開催中。

1101_01.jpg

旧門司税関、海峡プラザなど、レトロ地区に10ヶ所以上の「ひなまつりめぐり所」が設けられ、それぞれに雛飾りが展示されています。

女の子やママやおばあちゃんは、目を輝かせて雛飾りに見入っていました。
でも男の子やパパは・・・?

1101_02.jpg

心配ご無用。巨大なジオラマのような雛壇や、厳かなものやカワイイものなど多種多様な雛飾りは、男の子たちも「うわ!」と声をあげるほどの迫力です。
パパも明治期以降から雛飾りとその歴史に、知的好奇心がそそられることウケアイ。

1101_03.jpg

昔からある風習に関わっていくことは、実は外遊びの極意でもあります。
昔からあるものは急激な変化はあまりしない。流行り廃りがない。
だから自分のペースでじっくり関わることができる。すると隠れた魅力にハタと気づく。
僕も初めて知りました。お雛さまってこんなに色っぽい。
外遊びは自然遊び。そして自然は昔からあるもの、ですよね。

1101_04.jpg

ゆっくり雛飾りを見たあとは、門司港名物・日本一美しい夕陽を眺めるのもオススメ。暗くなったらイルミネーションも楽しめます。(~2/28)

雛飾りのほかにも、幻想的に光る「ふぐらんたん」が各所にあり、これも子どもたちに人気のようです。
道を歩けばハトやスズメ、ハクセキレイなどの小鳥の姿が。ぜひ足下や道路脇の花壇に「じっくり」目を向けてください。

こうして10ヶ所以上の「ひなまつりめぐり所」を巡れば、大人は定期的に暖をとれ、子どもはほどよく疲れて夜ぐっすり。
街中に会場が点在するイベントって、実はかなりの外遊びスポットなんです。


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)

■ふぐと灯りとひなまつり(2/5~3/27)
門司港界隈
TEL:093-332-0106 (門司港レトロ倶楽部)
URL:http://www.retro-mojiko.jp/ (門司港レトロ倶楽部)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/117

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ