パパと冒険~3時間の外遊び~ パパと冒険~3時間の外遊び~

ジブリ・ザ・ワールド~藍島

夏休み、ジブリ新作 はじまるよ。むつみです。
この夏公開の「借りぐらしのアリエッティ」を楽しみにしている方も多いことでしょう。もう観た方もいるかしら。
かくいう僕も宮崎駿アニメが大好きです。色やデザインなど、ディティールの執拗なまでのコダワリや、なにより動きがやはり圧巻です。

そんな宮崎(ジブリ)アニメが大好きなボクタチに、うってつけのスポットが、なんと小倉にあるんです。
あいの、藍島(あいのしま)。

小倉港から市営渡船で35分、広がる別天地。

1007_01.jpg


抜けると神隠しに遭いそうなトンネルがあったり、恩返しは期待できませんが、ネコがいっぱいいたり。
2人の女の子と仲のいい妖精が出てきそうな道端や森には、たくさんの命が息づいています。

1007_02.jpg


そして、あれは・・・そうすけの家!?
これは、さかなの子もいるに違いない。よし、海へ。

1007_03.jpg


目の前に広がるエメラルドグリーン。豚が飛行機で降りてきそう。

なんというスタジオジブリ、藍島。
でもそれだけじゃない。

藍島では5月から10月にかけて「スナメリウオッチング」ができます。
藍島では自動車に登録No(プレート) が付いていません。
藍島ではイヌはいなくてネコしか見かけません。

正確には、今は屋内犬が数匹いるようですが、かつて犬は一匹しかいなかったそうです。
実際、30年ほど前によく島を訪れていた幼い僕も、当時は一匹の白い犬しか見たことありません。

さらに、島の南端、連絡船を降りて右に行った海岸での怪現象も見て欲しい。

1007_04.jpg


海の波が左右から来て目の前でぶつかります。
どこまでもワンダーランド、藍島。

島の周囲は約2.5km。決して大きな島ではありません。
でも藍島への船は一日3便だけ。小倉からは第一便を利用しないと、日帰りの島内散策は難しい。ちなみに島にはシャワーや着替えの設備はありませんから、海水浴のためには手洗水や更衣用タオルなど、家族で行く場合は入念な準備が必要です。
大人は大変。けれど子どもにとっては、きっと忘れられない一日になる。

何にもないが、すべてがある島、藍島。この夏いかが?


今回ご紹介したところの基本情報(※お出かけ前には、各自でご確認ください)

■    北九州市渡船事業所(小倉~馬島~藍島航路  小倉側発船場所)
  〒802-0001
  小倉北区浅野3丁目9-1
  TEL:093-531-1712
  URL: http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/contents?CONTENTS_ID=2614

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/57

広告スペース

オヤトコのメルマガの詳細はこちら

ご意見・ご感想募集

コラムの内容はいかがでしたか?
皆様からのご意見・ご感想・情報提供をお待ちしております!
感想・情報提供はこちらから>>

記事アーカイブ

広告スペース

  • 川原建設 オヤトコの家
  • コーチングのコリード

Link

オヤトコ
ページの上へ